中心街 今日のお昼ご飯 | ちよだ

今日は甲府駅より徒歩5分、南に下ってT字路を右に入ってすぐの所にある「ちよだ」さんにお邪魔しました。

120223_ランチ

ちよだ」さんはほうとう・おざらのお店として有名で、芸能人や遠くからわざわざ食べに来る人も居る様ですよ!

120223_ランチ

120223_ランチ

店の前ではかえるや狸の置物がお出迎え。

120223_ランチ

120223_ランチ

120223_ランチ

店内にはお座敷が席とテーブル席があります。壁には手書きのメニュー表が。
素朴で昔ながらの雰囲気がホッとさせてくれます。

今回はこちらのお店のオススメ「おざら」をいただきました。

おざら 690円
120223_ランチ

おざらというのは甲州の田舎の方に古くから伝わる郷土料理で、麺を冷たく冷やし、温かい具沢山のつゆで味わう麺のことをそう呼ぶそうです。
最近認知度の上がってきたおざらほうとうの太麺を冷たくいただくものだと勘違いをされていることが多いのですが、正式にはほうとう麺とは限らないとのこと。
そのため、ほうとうおざらはまったく別の料理なのだそうな。

120223_ランチ

そして、おざらにほうとうの麺を使用して初めて商品化したのがこちらの「ちよだ」さんなのだとか!
夏はあまり売れ行きがよくないほうとうの代わりに、ほうとう麺おざらを作ってみたそうなのですが、それが人気になってここまで広まったのだそうです。
ほうとう麺によるおざらの発案者の方は、今日も元気に現役で働いておられました。頭が下がります。

そんなおざらのルーツを辿ったところで、早速おざらいただきます!

120223_ランチ
茹でて冷水でしめられた麺もちもちとした弾力ある食感。鰹だしの効いた付け和風醤油ベース温かいつゆに麺をつけて食べると、冷たい&温かいが絡み合って面白い感覚です。もちろんお味は美味!

120223_ランチ
つゆは、にんじん、えのき、しいたけ、ねぎ、みつば、油揚げ、鳥ひき肉などかなり具沢山で、具材にしみこんだつゆの味ともちもち麺がベストマッチです。

このもちもちとした食感に茹で上げるには、季節で・気温で・麺の打ち方で微妙にタイミングが変わってくるためとても難しく、熟練の技がいるのだそうです。

こちらのお店ではもちろんほうとうもいただけるのですが、注文から30分ほどかかってしまうのだとか。
その理由は、最近多い味噌汁+麺というインスタントな作り方ではなく、王道・昔ながらの作り方をするため、少々時間がかかってしまうのだそうです。
せっかく山梨のほうとうをいただいくのであれば、是非とも王道・本物のほうとうをいただきたい所。
ちなみにおざらの方はもう少し短く、15分程度でいただけますので、時間の無い方はおざらがオススメです。おいしかったです!

ちよだ
55-222-5613
山梨県甲府市丸の内2-4-8
11:30~13:30 17:30~22:30 [土]11:30~13:30 18:00~20:00
定休日  日曜・祝日不定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*