地ビールフェスト甲府2012

甲府盆地といわんばかりの暑さがつづく日々となってます。
こんな夏だからこそ美味しく感じる飲み物がありますね。

暑さに負けずに盛り上がれるイベント「地ビールフェスト甲府2012」に参加してきました。

地ビールフェスト甲府2012 会場の様子

「地ビールフェスト2012」とは、山梨で製造されている地ビールを飲みながら、山梨の特産物を食べて楽しく盛り上がっていきましょうというイベントです。
特別企画で地ビール総選挙、おつまみ総選挙、浴衣じゃNIGHT着付けサービス、ノンアル抽選会など更なる企画が開催されていました。

地ビールフェスト甲府2012 イベントの様子

会場には人があふれており、歩くのが大変です。ビールを買うための行列が長いです。

地ビールフェスタ甲府2012 楽しむ人々

どれを飲もうか迷ったあげく、御殿場高原ビール八ヶ岳タッチダウンビール甲斐ドラフトビールのなかで更に厳選して選びました。

地ビールフェスト甲府2012 ビール

どのビールものどごしがよくて癖になります。ここで味わいました3種類のビールを紹介します。

御殿場ビール(画像右)は飲みやすく、食用米を使用したすっきりとした味わいをしています。
飲み口が良くてくどくないので、みなさんにおすすめです。

甲斐ドラフトビールのクラールヘレス(画像中央)は飲み口がとてもさわやかで苦くありません。非常にフルーティな香りが人々を魅了します。ビールが苦手な方にもおすすめできるくらい軽い感覚で味わえます。

八ヶ岳タッチダウンビールのデュンケル(画像左)ですが、とても濃厚でほろ苦いです。
上品な苦さと深い香りが漂います。ビールが飲める方にお勧めしたい一品です。

ビールの友達といったらおつまみは欠かせません。
種類が多くてどれも美味しそうだったので、ものすごく悩みました。

そのなかで香ばしい香りに誘われて八ヶ岳スモークを選びました。
ソーセージ、ベーコン、スモークの盛り合わせられていました。

ビールに助けられてスモークを口に運ぶと濃厚でしっかりした味わいが広がり、やみつきです。

本格的な味に虜になってしまい、味が忘れられません。

またこのイベントがあるときには更なる味を発掘していきたいです。

 

地ビールフェスト2012
2012/7/27(金)~8/5(日)
JR甲府駅北口よっちゃばれ広場
主催 地麦酒祭甲府実行委員会

2012年 甲府七夕まつり

7月7日は七夕!ということで、甲府で行われた七夕まつりに行ってきました。
甲府七夕まつり

銀座通りの入口には幾つもの短冊が!
皆さんどんなお願いを書いているのかな~と眺めていると
「リア充になりたい」
切実ですね…その気持ち、よく分かります。
私もさっそく書いて飾ってきました。どれがその短冊か、それは乙女の秘密です。

甲府七夕まつり

甲府七夕まつり

甲府七夕まつり

甲府七夕まつり

甲府七夕まつり
甲府七夕まつり

商店街も、お祭一色で、普段と違った雰囲気です。
お祭り定番の金魚すくいや、ヨーヨー釣り、焼き鳥にお好み焼き、唐揚げ…たくさんの出店で賑わっていました。

会場では猿回しに人だかりが。
とっても可愛いお猿さんに子供からお年寄りまで夢中になっていました。
甲府七夕まつり
そして、七夕まつりといえば、この飾り。
色とりどりの七夕飾りが天井から吊されています。
この飾りは会場の入り口から終わりまで、いたるところに飾られています。
中には吊し雛や、織姫・彦星をかたどった人形もあり、飾りを見るだけでも七夕を楽しめます。

七夕の日はお天気が悪いことが多いですが、今年は晴れて良かったです
皆さんが短冊に込めた願いが叶いますように…

中心街 今日のお昼ご飯 | Dining 六魯

今日は甲府駅ビルエクランの5階にある「Dining 六魯」さんにお邪魔しました。

甲府駅 エクラン 六魯

Dining 六魯」さんは和食をベースに洋食を取り入れた創作料理のお店。
可能な限り地元、山梨県の食材を使うというこだわりを持った、正に山梨の玄関である甲府駅にふさわしいコンセプトをお持ちです。県外の方の来客も多いとのこと。
店内は料理と同じように、和と洋が融合した不思議でスタイリッシュな空間でした。

今回いただいたランチは新メニューの「冷やりネバトロ和風パスタ」の「ドリンク+デザートセット」。
セットメニューは選択する事ができ、今回はドリンクは「ホットコーヒー」を、デザートは「ガトーショコラ」を選びました。

冷やりネバトロ和風パスタ 980円
甲府駅 六魯 冷やりネバトロ和風パスタ

白いお皿の上に冷やし中華ならぬ冷やしパスタ、そこきざみ海苔、温玉、シーチキン、そしてネバトロの主役として納豆とオクラがトッピングされています。夏バテ予防定番の皆さんですね。専用のツユをかけて、いざ実食!

甲府駅 六魯 冷やりネバトロ和風パスタ

ふむ、これはなかなか!
まず何よりもツユが良いです!苦手な人も多いであろう納豆とオクラのネバトロ具合を、このツユが見事にコントロールしています。
このパスタのツユと一緒に納豆とオクラを口に運ぶと、粘り気を押さえてスムーズに口内に入っていくのです。そして口の中でパスタと絡み合い、更にそれをサッパリ味のツユがこれまた絶妙な味付けをしてくれます。このツユのおかげで納豆やオクラのネバトロ感は口内にほとんど残っていなかったので、後のデザートを安心して味わう事ができました。

和風テイストながら、パスタもしっかりパスタの味を残していて、正に和と洋の見事なコラボレーションでした。

ドリンク+デザートセット 500円
ホットコーヒー ガトーショコラ
甲府駅 六魯 ガトーショコラ

白くて四角いお皿の上にあるガトーショコラは、まるで雪化粧をした富士山のよう。とても涼しげで今の季節にピッタリですね。
お味も文句なし!程よい甘さとしっとりとした食感がなんともたまりません。
ホットコーヒーは、苦さ控えめのマイルドな仕上がりで非常に飲みやすかったです。そのまま飲んでもよし。ミルク&シュガーもよし。まさに食後の一杯、といった感じでとてもリラックスすることができました。

11:00〜14:00の間で食事を注文すると、無料サラダバースープバーが利用出来るサービスも!

今回のパスタの他にも、山梨の食材をふんだんに使ったワンプレートや鉄板焼き料理、そしてスウィーツがズラリ。
お昼時に甲府駅にいたら、あるいは県外からの友人達を連れて、是非一度ご賞味あれ!

Dining 六魯
055-223-6969
山梨県甲府市丸の内1-1-8エクラン5F
11:00〜21:30
定休日 無休

中心街 今日のお昼ご飯 | 麺は組

今日のランチは、紅梅通りにあるお蕎麦屋さん「麺 は組」さんに行ってきました。

120224_ランチ

「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」「昔ながらの日本蕎麦はもう飽きた。」
という刺激的な文字が目を引きます。

120224_ランチ

中に入ると長いテーブルが一列に並び、テーブルの上には生卵が置いてありました。
店内は明るくとっても綺麗。
けして派手では無いのですが、センスを感じる装飾がそこここにあり、眺めて面白いです。
雰囲気としては、居酒屋さんと蕎麦屋さんの中間といった感じでしょうか?

120224_ランチ

こちらのお店はセルフサービス。食券を購入して注文します。
今回は一番人気の「肉蕎麦」をいただきました。
ちなみに二番人気は「鶏蕎麦」です。

肉蕎麦 (並) 700円
120224_ランチ

面の上にはたっぷりの海苔とゴマ、ねぎがトッピング。海苔に隠れていますが中に肉もトッピングされています。
蕎麦は中々に太麺。濃い色のつゆはラー油と薬味が入っています。
でも「昔ながらの日本蕎麦はもう飽きた。」というキャッチコピーにしては普通だな?と思いつつも早速実食!

120224_ランチ

これは・・・!?
口に入れた瞬間理解出来ます。確かにこれは昔ながらの麺とは違う・・・!
お味はラー油の効いた濃い目のつゆが、中々にパンチを利かせてピリ辛です。いつも食べているそばつゆの先入観を見事に打ち砕いてくれる衝撃。
お蕎麦の食感もこれまた衝撃的。つるつる口当たりに抜群の歯ごたえです。まったく新しいスタイルのお蕎麦です。
イメージとしては韓国冷麺のはごたえが近いのですが、やはりどこか違います。
肉も味がしっかりしていて、ピリ辛のつゆに負けずしっかり肉の旨味を主張していました。

120224_ランチ

ここでテーブルの上に置いてある天かすと玉子を投入してみました。
天かすはびっくりするくらいさっくさくです!個人的には沢山入れるのが好みでした。
こんなにさっくさくなら、トッピングのてんぷらもおいしそうですね。
また、玉子を入れることにより、ラー油の辛味がかなり中和されて、辛いものが苦手な方でも食べれそうなくらいマイルドになりました。
味も変わるので、最後まで飽きずに食べれます。

こちらのお店の店長さんは東京で修行し、この特徴的な麺はもちろんここオリジナルの自家製面なんだそう。
ラー油が特徴的なつゆですが、玉子が置いてあるのは辛いのが苦手な人への配慮でもあるとの事。心遣いがうれしいですね。

基本的に濃い目の味付け、しっかり歯ごたえなので、男性のお客さんが多いですが、女性のお客さん・店員さんも居ましたので、「気になるけど入りにくい!」という方は勇気を持って行ってみてください。お持ち帰りも出来るようですよ!
120224_ランチ
●メニュー

麺 は組
055-228-8355
山梨県甲府市丸の内1-9-8 仁成堂ビル1F
11:30~22:00
定休日 無休

中心街 今日のお昼ご飯 | ちよだ

今日は甲府駅より徒歩5分、南に下ってT字路を右に入ってすぐの所にある「ちよだ」さんにお邪魔しました。

120223_ランチ

ちよだ」さんはほうとう・おざらのお店として有名で、芸能人や遠くからわざわざ食べに来る人も居る様ですよ!

120223_ランチ

120223_ランチ

店の前ではかえるや狸の置物がお出迎え。

120223_ランチ

120223_ランチ

120223_ランチ

店内にはお座敷が席とテーブル席があります。壁には手書きのメニュー表が。
素朴で昔ながらの雰囲気がホッとさせてくれます。

今回はこちらのお店のオススメ「おざら」をいただきました。

おざら 690円
120223_ランチ

おざらというのは甲州の田舎の方に古くから伝わる郷土料理で、麺を冷たく冷やし、温かい具沢山のつゆで味わう麺のことをそう呼ぶそうです。
最近認知度の上がってきたおざらほうとうの太麺を冷たくいただくものだと勘違いをされていることが多いのですが、正式にはほうとう麺とは限らないとのこと。
そのため、ほうとうおざらはまったく別の料理なのだそうな。

120223_ランチ

そして、おざらにほうとうの麺を使用して初めて商品化したのがこちらの「ちよだ」さんなのだとか!
夏はあまり売れ行きがよくないほうとうの代わりに、ほうとう麺おざらを作ってみたそうなのですが、それが人気になってここまで広まったのだそうです。
ほうとう麺によるおざらの発案者の方は、今日も元気に現役で働いておられました。頭が下がります。

そんなおざらのルーツを辿ったところで、早速おざらいただきます!

120223_ランチ
茹でて冷水でしめられた麺もちもちとした弾力ある食感。鰹だしの効いた付け和風醤油ベース温かいつゆに麺をつけて食べると、冷たい&温かいが絡み合って面白い感覚です。もちろんお味は美味!

120223_ランチ
つゆは、にんじん、えのき、しいたけ、ねぎ、みつば、油揚げ、鳥ひき肉などかなり具沢山で、具材にしみこんだつゆの味ともちもち麺がベストマッチです。

このもちもちとした食感に茹で上げるには、季節で・気温で・麺の打ち方で微妙にタイミングが変わってくるためとても難しく、熟練の技がいるのだそうです。

こちらのお店ではもちろんほうとうもいただけるのですが、注文から30分ほどかかってしまうのだとか。
その理由は、最近多い味噌汁+麺というインスタントな作り方ではなく、王道・昔ながらの作り方をするため、少々時間がかかってしまうのだそうです。
せっかく山梨のほうとうをいただいくのであれば、是非とも王道・本物のほうとうをいただきたい所。
ちなみにおざらの方はもう少し短く、15分程度でいただけますので、時間の無い方はおざらがオススメです。おいしかったです!

ちよだ
55-222-5613
山梨県甲府市丸の内2-4-8
11:30~13:30 17:30~22:30 [土]11:30~13:30 18:00~20:00
定休日  日曜・祝日不定休