2012年 2月 の投稿一覧

中心街 今日のお昼ご飯 | 麺は組

今日のランチは、紅梅通りにあるお蕎麦屋さん「麺 は組」さんに行ってきました。

120224_ランチ

「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」「昔ながらの日本蕎麦はもう飽きた。」
という刺激的な文字が目を引きます。

120224_ランチ

中に入ると長いテーブルが一列に並び、テーブルの上には生卵が置いてありました。
店内は明るくとっても綺麗。
けして派手では無いのですが、センスを感じる装飾がそこここにあり、眺めて面白いです。
雰囲気としては、居酒屋さんと蕎麦屋さんの中間といった感じでしょうか?

120224_ランチ

こちらのお店はセルフサービス。食券を購入して注文します。
今回は一番人気の「肉蕎麦」をいただきました。
ちなみに二番人気は「鶏蕎麦」です。

肉蕎麦 (並) 700円
120224_ランチ

面の上にはたっぷりの海苔とゴマ、ねぎがトッピング。海苔に隠れていますが中に肉もトッピングされています。
蕎麦は中々に太麺。濃い色のつゆはラー油と薬味が入っています。
でも「昔ながらの日本蕎麦はもう飽きた。」というキャッチコピーにしては普通だな?と思いつつも早速実食!

120224_ランチ

これは・・・!?
口に入れた瞬間理解出来ます。確かにこれは昔ながらの麺とは違う・・・!
お味はラー油の効いた濃い目のつゆが、中々にパンチを利かせてピリ辛です。いつも食べているそばつゆの先入観を見事に打ち砕いてくれる衝撃。
お蕎麦の食感もこれまた衝撃的。つるつる口当たりに抜群の歯ごたえです。まったく新しいスタイルのお蕎麦です。
イメージとしては韓国冷麺のはごたえが近いのですが、やはりどこか違います。
肉も味がしっかりしていて、ピリ辛のつゆに負けずしっかり肉の旨味を主張していました。

120224_ランチ

ここでテーブルの上に置いてある天かすと玉子を投入してみました。
天かすはびっくりするくらいさっくさくです!個人的には沢山入れるのが好みでした。
こんなにさっくさくなら、トッピングのてんぷらもおいしそうですね。
また、玉子を入れることにより、ラー油の辛味がかなり中和されて、辛いものが苦手な方でも食べれそうなくらいマイルドになりました。
味も変わるので、最後まで飽きずに食べれます。

こちらのお店の店長さんは東京で修行し、この特徴的な麺はもちろんここオリジナルの自家製面なんだそう。
ラー油が特徴的なつゆですが、玉子が置いてあるのは辛いのが苦手な人への配慮でもあるとの事。心遣いがうれしいですね。

基本的に濃い目の味付け、しっかり歯ごたえなので、男性のお客さんが多いですが、女性のお客さん・店員さんも居ましたので、「気になるけど入りにくい!」という方は勇気を持って行ってみてください。お持ち帰りも出来るようですよ!
120224_ランチ
●メニュー

麺 は組
055-228-8355
山梨県甲府市丸の内1-9-8 仁成堂ビル1F
11:30~22:00
定休日 無休

中心街 今日のお昼ご飯 | ちよだ

今日は甲府駅より徒歩5分、南に下ってT字路を右に入ってすぐの所にある「ちよだ」さんにお邪魔しました。

120223_ランチ

ちよだ」さんはほうとう・おざらのお店として有名で、芸能人や遠くからわざわざ食べに来る人も居る様ですよ!

120223_ランチ

120223_ランチ

店の前ではかえるや狸の置物がお出迎え。

120223_ランチ

120223_ランチ

120223_ランチ

店内にはお座敷が席とテーブル席があります。壁には手書きのメニュー表が。
素朴で昔ながらの雰囲気がホッとさせてくれます。

今回はこちらのお店のオススメ「おざら」をいただきました。

おざら 690円
120223_ランチ

おざらというのは甲州の田舎の方に古くから伝わる郷土料理で、麺を冷たく冷やし、温かい具沢山のつゆで味わう麺のことをそう呼ぶそうです。
最近認知度の上がってきたおざらほうとうの太麺を冷たくいただくものだと勘違いをされていることが多いのですが、正式にはほうとう麺とは限らないとのこと。
そのため、ほうとうおざらはまったく別の料理なのだそうな。

120223_ランチ

そして、おざらにほうとうの麺を使用して初めて商品化したのがこちらの「ちよだ」さんなのだとか!
夏はあまり売れ行きがよくないほうとうの代わりに、ほうとう麺おざらを作ってみたそうなのですが、それが人気になってここまで広まったのだそうです。
ほうとう麺によるおざらの発案者の方は、今日も元気に現役で働いておられました。頭が下がります。

そんなおざらのルーツを辿ったところで、早速おざらいただきます!

120223_ランチ
茹でて冷水でしめられた麺もちもちとした弾力ある食感。鰹だしの効いた付け和風醤油ベース温かいつゆに麺をつけて食べると、冷たい&温かいが絡み合って面白い感覚です。もちろんお味は美味!

120223_ランチ
つゆは、にんじん、えのき、しいたけ、ねぎ、みつば、油揚げ、鳥ひき肉などかなり具沢山で、具材にしみこんだつゆの味ともちもち麺がベストマッチです。

このもちもちとした食感に茹で上げるには、季節で・気温で・麺の打ち方で微妙にタイミングが変わってくるためとても難しく、熟練の技がいるのだそうです。

こちらのお店ではもちろんほうとうもいただけるのですが、注文から30分ほどかかってしまうのだとか。
その理由は、最近多い味噌汁+麺というインスタントな作り方ではなく、王道・昔ながらの作り方をするため、少々時間がかかってしまうのだそうです。
せっかく山梨のほうとうをいただいくのであれば、是非とも王道・本物のほうとうをいただきたい所。
ちなみにおざらの方はもう少し短く、15分程度でいただけますので、時間の無い方はおざらがオススメです。おいしかったです!

ちよだ
55-222-5613
山梨県甲府市丸の内2-4-8
11:30~13:30 17:30~22:30 [土]11:30~13:30 18:00~20:00
定休日  日曜・祝日不定休

中心街 今日のお昼ご飯 | 葡萄屋

平和通沿い、駅から歩いて5分程度にあるこちらのお店は、ワインの品揃えが豊富な酒屋さんの2階にあります。
120221_ランチ

レンガの階段を上がっていくと、シックでレトロな雰囲気の店内には、「葡萄屋」という店名だけありワインボトルが沢山!
見ているだけでも楽しいです。
120221_ランチ

120221_ランチ

120221_ランチ

今回いただいたランチは「日替わりランチ(ライス・サラダ・スープ付)」。

「日替わりランチ(ライス・サラダ・スープ付)」735円
120221_ランチ
本日のメニューは「若鶏のジンジャーソース」でした。

注文してすぐにサラダとスープがやってきました。心遣いがうれしいですね。
120221_ランチ
スパイシーでパンチのあるスープ。漂う香りも含めて食欲をそそります。
レタスときゅうりのサラダはさっぱりとしたドレッシングでおいしかったです。

120221_ランチ
それほど待たずに出てまいりました、いよいよメインの若鶏のジンジャーソース
ナイフで切ってみるととっても柔らか。
ぷりぷりの鶏肉に、シャキシャキとした食感の残ったたまねぎと少し濃い目に味付けられたジンジャーソースがベストマッチ
一緒にいただくライスの甘みが引き立ちます。
添えられているマカロニサラダはもちもちとした食感と、懐かしいお味でこちらもおいしくいただきました。

カジュアルイタリアンを中心に、肩のこらない、昔ながらの和洋食を提供してくれるこちらのお店。
店内に響くのはラジオの音と料理の音。どこか懐かしさを感じる空間の中で、静かなお昼を過ごしたい方にお勧めしたいお店です。

こちらの葡萄屋さんは、夜は山梨のワインを中心に、豊富な種類のワインやカクテルを楽しめるバーとして営業しているようです。
女子会貸切パーティーも出来るそうなので、甲府駅周辺でパーティーを行ないたい皆様、いかがでしょうか?

120221_ランチ

葡萄屋
055-228-8692
山梨県甲府市丸の内2-29-2 ワインズ新富屋 2F
11:30~23:00 [祝] 17:00~23:00
ランチ営業、夜10時以降入店可

中心街 今日のお昼ご飯 | とんかつ 力

今日のランチは平和通り、信玄公像前にある「とんかつ 力」さんにおじゃましました。

とんかつ 力
遠くに信玄公像が見えます。

とんかつ 力
とんかつ力
とんかつ 力
とんかつ力」さんは開柳堂土屋ビルの地下一階にあります。階段を下りていくと、黒い暖簾と和風テイストの入り口がお出迎え。
とんかつ 力
早速入店すると、笑顔の素敵な店主さんと、気さくな看板娘さんが出迎えてくれました。
とんかつ 力
割と開店すぐに向ったのですが、もう既にお客さんが!人気のお店なのですね。

今日注文したのは、一番人気だというお得なセット「力定食+鳥もつ煮
お手ごろ価格でとんかつがいただける「力定食」と、B-1グランプリ優勝で話題となった「鳥もつ丼」も人気のメニューです。
注文を聞いてから目の前で調理をしてくれるので、出来立ての料理がいただけます。

お得なセット 力定食+鳥もつ煮(1250円)
とんかつ 力

とんかつ 力

お店自慢のとんかつと鳥もつ煮、が一度に味わえる素敵セット!
セット内容は、鳥もつ煮、ミニとんかつ、クリームコロッケ、エビフライ、ポテトサラダ、キャベツ、ごはん、味噌汁、お漬物まで付いてきます。

お店秘伝のたれをかけて、早速いただきます!
とんかつ 力
お、おいしい!

箸で切れるくらいやわらかいお肉、私が食べたのはミニとんかつでしたが、やわらかさの中にもお肉の旨味がしっかり感じられます。
女性やお年寄りにもオススメできますよ。

秘訣は筋きりなどの下処理をしっかりとすることなのだそう。目の前で行なわれる調理を見ていると、確かに手間をかけて作ってくださっているということが分かります。
自家製クリームコロッケも、サックサクの衣に包まれた、こってりしすぎない舌触りの良い滑らかなクリームが絶品です。
エビフライこれまたサックサク。そしてぷりっぷり。エビフライでまさかぷりぷり食感を味わえるとは・・・!
付け合せのポテトサラダは、なんとマヨネーズから手作りなんだそう。揚げ物に合わせて、さっぱりとした味に仕上げられているので、揚げ物の合間に食べると最高です。エビフライにつけても中々グーです。

お次に取り掛かるのは鳥もつ煮
とんかつ 力

2010年のB-1グランプリで優勝したことで有名になった鳥もつ煮ですが、こちらの初代店主さんが考案したんだとか!

とんかつ 力

とんかつ 力

鳥もつ煮は厳密には煮込み料理ではなく、こちらでは注文を受けてから、しかも生のモツから作ってくれます。
砂糖と醤油で作られた甘辛いタレが、ぱりっと焼かれた鳥モツの表面を覆い、旨味を閉じ込めています。
きんかん(生まれる前の卵)は噛むとぷちっとした歯ごたえに、あとから続く柔らか食感。
レバーは臭みが少なく、砂肝はしゃきしゃきとした歯ごたえがたまりません。
甘辛なたれとご飯とのバランスが絶妙です!
これならレバー嫌いの人もおいしくいけるんじゃ?と言うくらい臭みの少ないモツだったのですが、こちらも秘訣は下処理
臭みを抜くために塩水で洗い、硬い部分は一つ一つ取り除き…と大変手間隙かかっています。

お味噌汁ももちろんおいしい!
赤味噌が苦手な私ですが、この赤みそのお味噌汁は本当においしかったです。
赤だし」という、赤みそと鯖だしを使用したお味噌汁だそうで、風味の強い赤味噌に負けない鯖だしを使用し、コクのあるお味噌汁に仕上げているのだそうです。赤味噌嫌いの方に是非一度飲んでいただきたい。赤味噌の見方が変わりますよ!

手間をかけないとおいしいものは作れない」と語ってくださった店主さん。
その言葉に偽り無く、どれもおいしく、完食させていただきました。
手を抜くことなく、こだわりをもっておいしいものを作り続ける店主さんだからこそ、こんなに多くのお客さんを惹きつけるのでしょうね。

とんかつ 力 (りき)
とんかつ、かつ丼・かつ重、もつ料理
電話 055-228-0565
住所 山梨県甲府市丸の内2-1-1 開柳堂土屋ビル B1F
営業時間 11:30~14:00 17:00~20:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜日(土曜日より変更)